イナバ式皮下組織削除法というわきが治療とは?

トップページ > イナバ式皮下組織削除法というわきが治療とは?

イナバ式皮下組織削除法というわきが治療とは?

イナバ式皮下組織削除法という、わきが治療法があります。故・稲葉博士が開発したわきがの治療法で、数あるわきが治療法の中でも確実性が高いことで知られています。その証拠に、日本医師会から最高優功賞が与えられているほどです。

 

稲葉博士は、皮下組織削除器という特殊な器具を発明しました。カミソリの刃をつけたその機器を使って行うわきが治療が、イナバ式皮下組織削除法です。

 

脇の下を1センチほど切開して皮下組織削除器を差し込み、治療を進めていくのです。わきがの原因であるアポクリン腺を脇の皮膚の裏側から一気に削り取る治療法ですから、60〜80%の人に効果があるといわれています。

 

わきが治療には様々な治療法がありますが、中にはほとんど効果が現れないこともあるといいますから、イナバ式皮下組織削除法には期待が持てますね。イナバ式皮下組織削除法では、脇の下の皮膚を厚さ1ミリ程度まで削り取ってしまうため、アポクリン腺や腋毛の再生がほとんど起こらなくなります。

 

そのため、わきがの原因そのものを解決することになるのです。わきが治療を受けるときには、どんな治療法が行われるのかをしっかり確認しておきましょう。

 

できれば、イナバ式皮下組織削除法を治療法に選択できるとよいですね。また、イナバ式皮下組織削除法以外にも、剪除法などの治療法も高い効果を得られるといいます。わきがは長く悩まされることになる体質ですから、治療法も慎重に検討することが大切です。